白髪染めアレルギーでも大丈夫|安心してしっかりケア

アレルギー体質でも白髪染めシャンプーは使って大丈夫?

白髪染めの後、頭皮がかゆい、痛い、腫れたなどの症状はアレルギーの可能性が高いです。
パラベン・香料・ジアミン系の酸化染料は髪や地肌にダメージを与えてアレルギー反応を引き起こすこともあります。 

白髪染めって副作用はあるの?

白髪染めというとヘアカラーが一般的ですが、使い続けていると髪や頭皮が傷んでしまいます。
白髪染めにはジアミンという成分が含まれていて、繰り返し使用しているとアレルギー症状がでたりショック症状が出るなどの副作用が出ることがあります。また長期間使いつづけていると、ガンのリスク、腎障害、肝臓への影響が報告されていますので、頻繁に使用することは避けたほうがいいでしょう。一度皮膚が赤くなったり頭皮がヒリヒリしてしまうと、アレルギー反応が起きているということなので、二度と使用しないでください

 

ただ、アレルギーの方でも使えるものはあります。

天然のものを選べば問題ない

アレルギー,白髪染め

ジアミン無しで白髪染めを行いたいなら、天然成分を使用している白髪染めシャンプーがおすすめです。

 

植物由来の天然成分を使用しているので、副作用の心配もいりませんし、髪を痛めることもありませんので安心して使用できます。
白髪染めシャンプーだけでなくヘアカラートリートメントも併用すると髪を美しく保ったまま染めることができます。トリートメントについて詳しく知りたい方はこちらのサイトをご覧ください。白髪染めトリートメント ランキング

 

髪や頭皮にこだわった白髪染めをしたいなら徐々に髪を染めることができる白髪染めシャンプーやトリートメントがおすすめです。白髪染めシャンプーは髪の毛が染まるまでに時間がかかりますが、髪や頭皮にやさしく染めることができます。
無添加の白髪染めシャンプーはオススメ!

 

白髪染めシャンプーを使いたいけれど、アレルギー体質なので心配という人もいるでしょう。頭皮の健康のためには、なるべく化学的な成分を配合していないもので、染毛成分も天然のものが良いのですが、アレルギーの人にも同じことが言えます。

白髪染めシャンプーの成分は?

白髪染めシャンプーに配合されている成分は髪や頭皮の痛みをケアしたり保湿効果が高いものです。
毎日、使用する機会が多いシャンプータイプの白髪染めなため、配合されている内容に関してもパラベンや酸化剤、ジアミンや香料、鉱物油などといったものを使用しておらず、無添加にこだわった製品が多いのも特徴の一つです。
そのため、髪や頭皮のトラブルが出にくく、安心して使用することができます。
例えば、昆布エキス、オタネニンジン、オランダカラシ、ローズマリー、アルニカ、カワラヨモギなどの天然植物成分です。特に昆布エキスは、ミネラル、フコダイン、アルギニンの三つの成分が髪や頭皮に潤いを与え、優れた保湿力を発揮します。配合された内容に応じて、必要な成分を含む白髪染シャンプーを選んでみるとよいでしょう。

 

白髪はサロンなどでしっかりと染めても、しばらくすると、分け目が目立つようになるので自宅で白髪染めをされる方が増えています。専用の白髪染めやヘナ染め、マニキュアタイプなど様々な方法で自宅で染めることができるのですが、中でもその手軽さから人気があるのは白髪染めシャンプーです。

 

毎日の洗髪を一般的なシャンプーから白髪染めシャンプーに変えるだけで、徐々に白髪を染めることができるのでその手軽さが受けているのです。染めている間の待ち時間がないこともメリットです。天然の染毛成分でもその植物自体にアレルギーが出ることもありますので、心配な場合はパッチテストをしてから使うようにしましょう。